中小企業診断士に最短で合格する方法(2次試験)

中小企業診断士

今回は、2次試験の攻略法をお伝えします。

1次試験に受かったのはうれしかったですが、まさか今年1次試験に受かるとは思っていなかったので、かなり焦りました。
なんせ、これまで1次試験の対策で手一杯で、2次試験の勉強は全くしていなかったのです。
早速、僕は2次試験合格のための戦略を考えました。

2次試験向けには、「スタディング」に加えて、受験生の間で評判の良い「ふぞろい」を活用する事にしました。
僕は、
 ・ふぞろいな合格答案エピソード9
 ・ふぞろいな再現答案3
 ・ふぞろいな答案分析3
 ・ふぞろいな再現答案2
 ・ふぞろいな答案分析2
の5冊を購入しました。
ふぞろいシリーズは1次試験終了後、すぐに完売してしまうので、
自己採点して合格していたら、すぐに買うようにしましょう!

これで、6年分の過去問の回答をゲットできました。
あとは、過去問を新しい年のものから順番に解いていき、「ふぞろい」で答え合わせを行います。
なお、僕は6年分の全ての過去問を、時間を空けて2回解きました。
ちなみに、模試は一度早い段階で受けておいた方が良いです。
模試を受ける一番の目的は「場慣れ」です!

よく、「2次試験は答えが無い」なんて事を言う人がいますが、
人が作り、大勢の人で採点をする試験である以上、想定回答は必ずあります!
5年分くらい過去問を解いて、「ふぞろい」で答え合わせを続けると、高得点を取るために押さえておくべきポイントが少しずつ分かってきます。
そうやって見つけたポイントは、気付く度にノートにメモをしておきましょう。
そうする事で、2次試験直前に見直すことのできる、自分だけの参考書ができあがります!

なお、2次試験の難点は、1次試験と違って、通勤途中などの「ながら勉強」が難しい点にあります。
基本的に問題を読んで、回答を記述する必要があるからです。
そこで、僕は、既に1度解いて、「ふぞろい」で答え合わせまで完了している問題について、「スタディング」の2次試験対策の解説音声を通勤時間に聴く事で、時間を無駄にせずに効率的に勉強をする事ができました。

そんなこんなであっという間に2次試験を迎えました。
試験を解き終えた時の正直な感想は「全く手ごたえがなかった」でした。
そして、悶々とした日々を過ごし、12月の中旬に合格発表が行われました。
結果は、、、合格です!なんと、勉強開始から8ヶ月間で合格する事が出来たのです!!

これは何も僕だけに限ったストーリーではありません!
ぜひみなさんも効率的に中小企業診断士に合格して下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました